MENU

世界にある似ている国旗

国旗は、その国や地域を象徴する存在です。一方で、その旗のデザインには国は異なれど非常によく似ているものが存在します。

 

そんな似ている国旗の代表としてよくあげられる2国は、チャド共和国とルーマニアです。信号と同じ青黄赤の3つの配色を含むデザインがほぼ同じなこの2国のデザインは、パッと見ただけではその違いがわかる人はまずいないと言えるほどよく似ています。縦横の比率についても2対3と同じなため、外形からその違いを見極めることもできません。

 

ただ、厳密にいうとチャドの方が青色のがルーマニアのものより少し濃いめを採用しています。そのため、その青色を見比べることでその違いを見極めることが可能です。

 

また、同じ青黄赤の配色で国章を配したデザインを採用しているアンドラ公国のものも、チャド共和国やルーマニアのものと十分に似ていると言える存在です。なお、同じ配色で真ん中に配している国章が違うモルドバ共和国のものも似ていると言えます。

 

ただし、配された国章はもちろん各国ごとに違う点に加えて、比率もアンドラ共和国は7対10に対してモルドバ共和国は1対2となっているため、それらの違いからこちらについては簡単に見極めることができます。

 

そのほかにも似ている国旗は世界中に数多く存在します。赤と白からなるシンプルなデザインを採用しているインドネシア共和国とモナコ公国についても、パッと見では違いがわかる人はまずいないほど似ています。両者の違いは、インドネシア共和国のものは縦横の比が2対3なのに対してモナコ公国は4対5である点だけが違います。

 

ただし、国連やオリンピックでは各国の国旗の比率を2対3に統一するよう定められているため、その際には両国を区別することはできなくなってしまいます。また、インドネシア共和国やモナコ公国の国旗をさかさまにしただけのデザインなのが、ポーランド共和国です。

 

こちらについては縦横の比率は5対8となっています。そのほかにも赤と白の配色に月と星が配されたものがシンガポール共和国のものであり、こちらもよく似ています。

 

さらに、アイルランド共和国とコートジボワールについても緑白橙の3つの配色は同じです。ただし、その配色の左右が逆なため、そこから見極めることは可能ですが混同しやすい2国と言えます。なお、縦横の比率はコートジボワールは標準と言える2対3ですが、アイルランド共和国は1対2になっています。